クリティカルラッシュを求めて修行中

なかなか習得できない高度な技です。

カテゴリー: 未分類 (page 2 of 3)

お金のない時のためにしておくこと

クレジットカードには色々ありますが、たまったポイントがスーパーの買い物で使えるカードはとても便利です。
私はふだんの食品などの買い物でも、クレジットカードで払ってなるべくポイントをためるようにしています。
そして、ふだんはそのポイントを使わずにできるだけためておいて、お金がない時、お金を使いたくない時に、そのポイントを使うようにしています。
ドラッグストアなどのポイントも、ふだんはなるべく使わずにおいてお金がない時に使うようにしています。
人からもらったりすることの多い商品券も、私はなるべく使わずにとっておいて、やはりお金がない時に使うようにしています。
クレジットカードで、ポイントがそのまま買い物には使えず、商品と交換するしかないものもありますが、交換できる商品の種類は限られているので、交換する期限が近づいているのに、欲しい商品がない時もありますよね。
そういう時も、商品券などと交換しておいて、もちろん、その商品券はすぐに使わないでお金がない時に使います。
ポイントや商品券があると、嬉しくてつい使いたくなりますが、そういう時に買ったもの(交換したもの)は、後になってみるとあまり必用がなかったものが多いですよね。
本当にお金が必要な時に使った方が、ポイントも商品券も有効に使えるのではないでしょうか。
車検切れ 車買取り

貝殻ビキニと武田久美子

「武田久美子」といえば、私ですら「貝殻ビキニ」という言葉を思い浮かべるぐらいです。
おそらく武田久美子さんがグラビアや写真集で活躍した全盛期よりも、私は若い世代だと思うのですが、けれどもどうしてなのか、「武田久美子=貝殻ビキニ」というイメージはありますね。
おそらく、マンガ「行け!稲中卓球部(略:稲中)」のなかでも、取り上げられていましたので、武田久美子さんと言えば、貝殻でつくったビキニを着ていたというイメージがあるのでしょう。
武田久美子さんの人となりはよく知らないのですが。
まだインターネットもそれほど普及していなかった時代に、これだけ「武田久美子=貝殻ビキニ」のイメージを世間に浸透させていたのは、実はものすごいことなのではないだろうか…と、今更ながら思います。
わりと田舎の県の高校生でさえ、貝殻ビキニと言えば、武田久美子というイメージを持っていたのですから。
おそらく、早押しクイズがあれば、「貝殻ビ…」と言いかけたところで、「武田久美子!」と、答える人は多数でしょう。
言葉ではありませんが、おそらく流行語大賞ぐらいの賞はあげていいものだと思います。
そんなことを「紋別市のホタテキャンペーンガールを武田久美子さんがノーギャラでつとめる」といったニュースを見て思いました。

将来の家計の予測が難しいための対策

将来の家計の予測は安定した収入があれば比較的しやすいと思います。
しかし以前ほど終身雇用が強固なものでなく、会社もいつ傾いて業績が悪くなって倒産ということも全く無いわけではありません。
会社がつぶれなくても不振にあえいで給料が上がらない、むしろ下がるということもありえるかもしれません。
そういうことからできるだけいろいろな収入を確保しておいた方がいいというのが最近の傾向にあると思います。
例えば投資なども資産家のやるものというイメージがあったと思いますが、少額でも税制などが優遇されたりして、資産家でなくても気軽にできるようになってきています。
副業や、インターネットビジネス、ネットオークションやフリーマーケットに出品、リサイクルショップなど利用していろいろなところから収入を得る方法が増えていると思います。
インターネットで個人がいろいろなものに取り組む情報を得ることがたやすくなっているのは事実です。
収入が複数あるということは一つがだめになってもとりあえず少しは収入を確保できるということで安心感も違いますし、複数の少ない収入を少しずつ増やしていける可能性も考えることもできます。
将来の家計の予測が難しいので対策をいろいろとする必要がある時代になっているのだと感じます。
プロミス 過払い金請求

節約するのは私だけ

私は節約をするのが大好きです。
家族は節約にさほど興味を持っていませんが、私だけは光熱費を節約したり買い物の時に1円でも安いものを買ったりして毎月の出費を抑えてます。
現在の家の家計はそれほど苦しくありません。
にも関わらず私がここまで節約するには訳があります。
自分の将来のことを考えているからです。
もちろん自分だけのことを考えての行動ではありません。
家族のことも同時に考え、将来、少しでも楽に生活することができるよう、今少しでも貯金を増やせるようにしているのです。
もともと私が貯金好きということもありますが、やはり不景気な世の中にあって近い将来家や家族がどうなるかわかりません。
両親の仕事がなくなるかもしれないし、私自身がなかなか思うように仕事ができなくて困ってしまうということもあるかもしれません。
そういった状況になった時のために節約をし、将来に備えているというわけです。
我が家では私だけがお金に執着し節約していますが、今はそれでもいいと思っています。
もし本当に危機が訪れた時、家族が一丸となって節約できればいいんです。
その時に私の節約の知恵が役立ってくれれば、どれだけお金のやりくりに苦労しても問題はないと信じています。

「私の男」が映像化されたという。

そうか、ついに公開されるのか。
どのくらい前だろうか、たまたまツイッターで見かけ、びっくりしたのが、桜庭一樹の直木賞受賞作「私の男」が映画化される…というニュース。
「映像化不可能と思われていた『私の男』…」という文言を、その後あちらこちらで見かけた気がする。
私もそう思っていた。
原作が直木賞を受賞した時も、例年以上に大きく報道されていたような記憶がある。
それだけ、センセーショナルな1冊だったのだろう。
娘が父を「私の男」と称する、余りにただならぬ関係性が物語の基軸だから。
そして主人公ふたりの行為の、あまりにも生々しい描写。
これをどう映像化するのか。
(ヒロイン役の二階堂ふみは中学生の時にこれを嵌って読んでいたらしい。
中学生女子がいいのか?(^^;))……と思っていたら、映像化不可能と思われていたのは、オホーツクの流氷のシーン。
あはは、失礼しました。
読んだ人間にとっては、自分の脳内キャスティングと映画のそれとのギャップも、やはり気になるところ。
主人公の「落ちぶれ貴族のような、だらしなく優雅な四十男」、私は勝手に村上淳をイメージしていたが、改めて原作を読み直してみたら、目の描写が確かに浅野忠信だった。
二階堂ふみの顔って、よくわからない。
顔が定まっていない感じがする。
だからこそ、あのヒロインが演れるのかも知れない。
ドキドキしながら面くらいながら、のめりこんで読了した読者としては、その映像を見るのが怖く、だからこそ見たい、うらはら気分。
夫の浮気 探偵

脱毛をする時の痛み

脱毛をする時ってどれぐらいの痛みがあるものなんですかね?
そもそも痛みの感じ方は人それぞれ違うわけなのでそれを一括りにすることは
できないわけですが最近でいうとテレビなんかでも取り上げられていた全く
痛くない脱毛法みたいなのもあるみたいですね。
そもそも脱毛というとクリニックにしてもエステサロンにしても光を使って
毛が生えてくる仕組みそのものにアプローチをすることで毛が生えなくなる
わけなので少なからず痛みは感じるものだと思っていたんですけどね。
どうやら同じように光を使っていてもまったく痛くない方法もあるみたいです。
その仕組みについては忘れてしまいましたがこれまでの一般的な脱毛法とは
ちょっと違うみたいなことだけはかすかにですが覚えています。
感覚でいうとこれまでの脱毛はどうしても一瞬はチクッとしたような
刺激を感じることがあったわけですがそれがなくて単純に少し熱を感じる
ぐらいでその熱というのもそんなに熱くなくてぬるいぐらいなんだとか。
それならということで小さい子供でも脱毛ができるらしいですね。
脱毛の効果が同じだとしたら普通に考えると痛くないほうがありがたいですね。

脱毛サロンの支払い方法

これからの時期は肌を露出した時のムダ毛が気になる季節でもありますね。
水着などを着る機会も増えるのでムダ毛対策は万全にしておきたいものです。
ムダ毛処理というと脱毛サロンに通っている人も多いのではないでしょうか?
個人的な感覚でいうと昔に比べたら敷居が低くなっている気もします。
全体的に脱毛の料金が安くなってきているからでしょう。
また、料金プランや支払いプランが多彩になっている印象を受けますね。
ちょっと前までは一括払いか分割払いが主流になっていましたが最近では
全身脱毛などの高額な施術の場合は分割払いなども増えていますね。
これはもちろん、まとまったお金が手元になくても脱毛の施術を始めることが
できるというメリットもありますが、よくニュースにもあるエステサロンの
倒産のようにどうしようもない状況にも対応しているので安心できますよね。
意外と有名なエステサロンでもあっけなく潰れてしまってまだ回数が残っているのに
施術を受けることも返金してもらうこともできないという最悪な状態だけは
回避することができるので利用者にとっては大きなメリットだと思います。
全ての脱毛サロンに月額制の支払い方法があるわけではないのでもし安心を
求めたいという人はそういったサロンを選択することをオススメします。

ムダ毛処理の季節です!

女性なら、この季節ムダ毛の処理が気になるものですね。
今は比較的、脱毛サロンなどの料金が下がっているので利用しやすいですが、自分で処理をする方も多いと思います。
自分でムダ毛処理をする際に注意したいのが、カミソリの管理についてです。
シャワールームで処理をする方も多いと思うのですが、カミソリは一回使用した後にシャワールームに放置しておくと、湿気で刃が痛み、そのカミソリで再度処理するのは衛生的にも良くないですし、埋没毛の原因となります。
一度使用したカミソリは使用しない、もしくは、刃が痛まない程度に使用した場合は、きちんと乾燥させましょう。
また、シャワールームを使用していなくとも同じことです。
ボディーローションなどを塗ってからカミソリを使用する方法が多いと思いますが、一度濡れたカミソリは必ず洗い、乾燥させて清潔な状態で使用してください。
毛穴からばい菌が入り、お肌を痛めてしまうと、毛穴が赤くプツプツと腫れあがるので、見た目的にも印象が悪いです。

4種類の歯磨き粉が並ぶ洗面所

我が家の洗面所は混雑しています。
家族が多くて人が混雑しているのではありません。
歯磨き粉の種類が多いため、洗面台の収納棚の中がゴチャゴチャと混み合っています。
家族それぞれ違う歯磨き粉を使っているわけでもありません。
すべての種類の歯磨き粉を、その日の症状に合わせて使い分けているのです。
数年前までは虫歯予防の歯磨き粉だけで充分満足でした。
しかし、数年前から歯のくすみが気になり、歯を白くする歯磨き粉が仲間入りしました。
その後、肩こりがひどい時に歯茎がうずき、歯みがきすると出血する時があるので、歯周病予防歯磨き粉を買いました。
つい先日、冷たい物を口にすると歯茎がしみるようになりました。
歯医者さんに行ったら「虫歯ではなく知覚過敏ですね」と、歯医者さんお勧めの知覚過敏用の歯磨き粉を購入してきました。
こうして今では、洗面台の狭い棚に4種類の歯磨き粉が並んでいます。
数年前まで、化粧水のキレイなビンや色鮮やかなメイクアップ用品で、洗面台の周りは華やかでした。
年齢と共に化粧品よりも健康に直結するケア用品が増え、我が家の洗面所は住人と共に色気を失ってきています。

アナと雪の女王が素晴らしかったです。

大型ショッピングモールで買い物がてら、アナと雪の女王を映画館で観ました。
声優陣のチェックもせずに日本語吹き替え版の方を観たのですが、主要登場人物の姉妹であるアナとエルサ、二人の歌声があまりにも素晴らしくて思わず感動してしまいました。
後から、アナは松田聖子さんの娘である神田沙也加さん、アナの姉である女王エルサは松たか子さんが演じていると知り、非常に驚きました。
神田沙也加さんの歌唱力の高さには頷けましたが、松たか子さんもこんなに素晴らしい歌声なのだとは思ってもみなかったので、意外に感じると同時に、すっかり魅了されてしまいました。
ポスターのキャッチコピーは美女と野獣を超えるとあったので、前々から気になってはいましたが、最初は半信半疑でした。
なぜなら私の一番好きなディズニー作品は紛れもない美女と野獣だからです。
ただ、実際に観てみると、歌ももちろん、映像のあまりの美しさも大変素晴らしかったです。
おかげで、私の一番好きなディズニー映画が変わりました。

« Older posts Newer posts »